ご予約は・お問い合わせはお気軽にお電話ください 077-523-3977

健康豆知識

〒520-0043
滋賀県大津市中央1丁目8-9 大津祭曳山展示館前
MAP ]

健康豆知識

健康の絶対条件

健康を保つための絶対条件は何でしょうか?

 

最新の医学情報を調べて行き着いた結論は「バランスのとれた栄養」と「日々の運動習慣」という当たり前のことでしょう。

 

 「栄養バランス」とはどんなものか、ポイントをまとめてみましょう。

 

人間にとって欠かせない栄養素は、基本となる炭水化物、たんぱく質、脂肪(三大栄養素)に、ビタミン、ミネラル、水分を加えたものです。

 

このうちカロリーがあるのは三大栄養素だけです。

 

 カロリーとは、簡単にいえば、食品に火をつけて燃やした際、周囲の温度を上昇させるエネルギーのことです。

 

もちろん包装紙など、人間が消化できないものはカロリー源になりません。

 

 体内では、化学反応によって、食品のカロリーに相当するエネルギーが生まれます。

 

たとえば体重60Kgの人が事務作業をして1日過ごすために必要なカロリーは、仮にご飯だけで取ろうとすると(コンビニの)梅干しおにぎり9~10個分にもなります。

 

これでは量が多過ぎて食べきれず、かつ栄養も偏ってしまいます。

 

 では、どうすればいいのでしょうか。

 

主食として梅干しおにぎりを2個食べている人は、焼いたさんま1尾(150g)に、納豆1パック(50g)を加えるとバランスがほどよくなります。

 

さんまの代わりに豚ロース100gでもいいです。

 

この例をイメージしながら、自分に合った食材、量を選べばいいのです。

 

これに十分な量の野菜と果物を加えること。

 

欧米の指針では、葉物野菜の場合、1日に味噌汁わんほどの器に5杯分以上が望ましいとされています。

 

 体質や病気の有無にかかわらず、塩分やコレステロールを減らすことも大切です。

 

塩分を減らすコツは、調味料をなるべく使わないことです。

 

コレステロールが多い食品は鶏卵、肉の脂身、バター、鶏肉、もつなどと覚えておいてください。

 

魚介類のコレステロールは問題ありません。

 

意外な落とし穴は乳製品です。

 

体にいい食品というイメージが強いですが、成人にとっては動物性脂肪が多過ぎるため控えめにすることです。

 

カロリー計算は必要ありません。

 

体重を時々測り、大きな変化がなければ適切ということになります。

 

もし体重が月に2Kg以上変動していたら、食事の偏り、体調の異常などを自己点検することです。

 

 これが病気を予防し、元気で長生きするための栄養バランスです。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 2013 TOYO SEITAI RYOJUTSUIN. ALL RIGHTS RESERVED.