ご予約は・お問い合わせはお気軽にお電話ください 077-523-3977

健康豆知識

〒520-0043
滋賀県大津市中央1丁目8-9 大津祭曳山展示館前
MAP ]

健康豆知識識

水分で心臓を護ろう!!

 季節によって心臓への負担も変わってきます。

 

夏場というのは特に危険で、アウトドアの炎天下で仕事や運動して脱水症状になり熱射病や、血液が粘っこくなり血管が狭くなったところを塞いでしまいます。

 

それで心筋梗塞になってしまうことがあります。

続きを見る

夏太りにホットコーヒーダイエット!

“食欲が無い、夏痩せで困った!!”

最近聞かなくなりましたね。

どんなに暑くても快適な生活、冷えた飲み物、冷たくて美味しい炭水化物の食事。

冷麺、そうめん、いくらでも食べられます。

むしろ夏太りで悩む方が多いですね。

続きを見る

夏は意外にぎっくり腰が多いようですよ!

ぎっくり腰は夏に多い!  ちょっと意外ですね。

これは、夏はとくに腰周りの筋肉が疲れているということです。

原因は、冷たい水の飲みすぎ、エアコンの冷えと脱水です。

水分を取りすぎると足がむくみます。足に力が入らない分、腰に負担がかかります。

脱水になると手足がふるえますよね。

続きを見る

熱中症予防の体温調整

熱中症対策はこまめの水分補給が大切ですが体温調整も大切です。

 

それと日本の食文化、梅干をどうか大いに食べてください。

 

ふだんは塩分摂りすぎの犯人とされていますが夏はクエン酸、ミネラル塩分の優れものです。

 

体温を下げるのにはアウトドアーの方は直接脇の下や、首の周りをひやすのが体温調整に有効的です。

続きを見る

夏の冷え

高温多湿な日本の夏。

快適に過ごすためには冷房が欠かせませんが、それにより、多くの人がなんらかの体の不調を訴えているといいます。

 

人間の体は暑さを感じると、副交感神経の働きで血管を拡張させて熱を放散し、寒さを感じると、交感神経の働きで血管を収縮して熱が逃げるのを防ぎます。

続きを見る

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 2013 TOYO SEITAI RYOJUTSUIN. ALL RIGHTS RESERVED.