ご予約は・お問い合わせはお気軽にお電話ください 077-523-3977

健康豆知識

〒520-0043
滋賀県大津市中央1丁目8-9 大津祭曳山展示館前
MAP ]

健康豆知識識

夏の季節病

 夏は陽射しが強く、体力の消耗も激しい上、暑さで食欲が落ちる季節です。

そのうえ近年のヒートアイランド現象や地球温暖化により暑さは年々厳しさを増す一方です。

この時期は、夏特有の慢性疲労である夏バテや熱中症などの季節病に注意が必要です。

 

★熱中症を予防・緩和する栄養成分と食べ物

続きを見る

夏は意外にぎっくり腰が多いようですよ!

 ぎっくり腰は夏に多い!  ちょっと意外ですね。

これは、夏はとくに腰周りの筋肉が疲れているということです。

原因は、冷たい水の飲みすぎ、エアコンの冷えと脱水です。

続きを見る

夏の冷え

高温多湿な日本の夏。

快適に過ごすためには冷房が欠かせませんが、それにより、多くの人がなんらかの体の不調を訴えているといいます。

 

人間の体は暑さを感じると、副交感神経の働きで血管を拡張させて熱を放散し、寒さを感じると、交感神経の働きで血管を収縮して熱が逃げるのを防ぎます。

続きを見る

夏バテ予防・健康の絶対条件

健康を保つための絶対条件は何でしょうか。

結論としては「バランスのとれた栄養」と「日々の運動習慣」という当たり前のことでしょう。

 「栄養バランス」とはどんなものか、ポイントをまとめみましょう。

人間にとって欠かせない栄養素は、基本となる炭水化物、たんぱく質、脂肪(三大栄養素)に、ビタミン、ミネラル、水分を加えたものです。

続きを見る

夏肩こり

肩こりは、寒くて肩をすくめる冬にひどくなる、とお思いではないでしょうか? 確かに動脈硬化や筋肉のむくみが原因で、血管が細くなってしまって起こる肩こりは冬に多いのですが、“神経”が原因で起こる肩こりは、夏場に多いのです。

 

今回は、冬のように肩に力が入ってないのに起こる「夏肩こり」についてです。

 

夏場の肩こりには、大きく3つの原因が考えられます。

 

(1)首の冷え

 

(2)隠れ片頭痛

 

(3)自律神経型ストレス肩こり

続きを見る

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 2013 TOYO SEITAI RYOJUTSUIN. ALL RIGHTS RESERVED.